考え方 筋トレ

ぜひ読んでほしい!筋トレが辛い時のモチベの保ち方 理由と対策

2020-07-01

筋トレをしていると、どうしても辛くて辞めたくなる時ってありますよね。

そんな悩みを解決する方法があります。

今回は、筋トレが続くモチベの保ち方についてご紹介します。

結論

  • 筋トレをする際の目標を定めていない、もしくは基準が曖昧
  • 適切な重量、回数設定ができていない
  • オーバーワーク(過度なトレーニング)になっている

筋トレをする際の目標を定めていない、もしくは基準が曖昧

筋トレとかダイエットを始めるきっかけは、体の見栄えを気にする人が多いです。

・腹筋を割りたい!

・体重をあと5kg落としたい!

目標を立てるのは素晴らしいことです。

ですが、なかなか上手くいかないこともありますよね

 

そんな時に、おすすめしている目標の立て方は長期目標短期目標に分けて考えることです。

体重を5㎏落とす場合の目標設定を基準にすると

長期目標

3か月後に体重5㎏減を達成する

短期目標

最初の1か月は体重を2㎏落とす

いつまでにどれくらいできるのかを把握することが大事

あきらかに達成不可能なものに時間を割いていても、時間の無駄です。

適切な重量、回数設定ができていない

筋力を増やす場合には、漸進性(ぜんしんせい)の原則という言葉があり、同じ量を毎日こなしていても筋肉は毎日育ちません。

いつもと違う刺激を与える必要があります。

例でいうと

腕立て伏せを1か月毎日30回やっても、3か月後には腕立て伏せが100回できるようになるわけではないです。

30回こなすのは簡単になっても40回とか50回できるようになるとは限りません

そのため、回数をこなすのが目的であれば、最初の一か月は30~40回、次の月は50~60回、3か月目で70~100回できるように目標を決める必要があります

すぐに回数をこなすのはとても厳しいので、ゆっくりと徐々に量をこなしていく必要があります

オーバーワーク(過度なトレーニング)になっている

筋肉の特徴には色々ありまして、漸進性の法則のほかには、過負荷の原則があります

これは強い負荷をかけることです。

スクワットで例えると

今日は100回できたから次は150回、その次は200回としなければいけないことになります。

ですが、それをやると最初のうちはいいですが、時間が経つにつれて回数ができなくなります。

肉体的にも精神的にももう無理!!ってなるのはイメージできるかと思います。

休みすぎず、疲れすぎず筋肉に上手く負荷を掛けてあげる必要があります

対策

  • 目標は実現可能でちょっとだけ高め
  • 失敗しても楽しむ
  • 習慣化する

目標は実現可能でちょっとだけ高め

筋トレに限ったことではないですが、できそうなことが形として目に見えるとやる気は全然違います。

達成不可能なことにはまったくやる気がでないけど、できそうならちょっとだけでもやる気になりますよね?

上手く目標を設定しましょう!

失敗しても楽しむ

筋トレやダイエットなどの情報は論文等で常に最新の情報が明らかになります。

5年前に言われていたことでも、今ではもうだめになっていることも多々あります。

日本の学校で足を押さえてもらって体を丸める腹筋が、アメリカではよくないこととされててプランクに置き換わっていること等です。

 

ネットだけではなく、解剖学や生理学等、栄養学などの本屋においてある本を見ることも大事です

失敗したことはメモして、ちょっとずつやることを変えて楽しみましょう!

僕自身も筋トレ中、ダンベルの重量を間違って肩の怪我をして1か月痛めましたが、自分自身の限界を見極めるきっかけになりました(笑)

習慣化する

最初から週に2~3回だと結構きついので、趣味のついでにやるといいかもしれません

趣味のときに一緒にやれば時間は確保できるので、その前後にぜひ取り入れてみましょう!

やりたくないけど、やらないよりはましです!継続は力なり!

最後に

継続することは大事ですが、怪我をしてしまっても意味がありません。

筋トレは他人と比較するのではなく、自分自身と向き合うことです。

どうしてもやりたくない時は休みましょう。

頑張りすぎないが、続けるポイント!


いかがでしたか?

今回は、「筋トレがつらい時に読んでほしい!モチベの保ち方 理由と対策」についてご紹介しました。

これで、筋トレが辛くても継続することができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エスティー

趣味は筋トレで、とにかく筋トレばっかりやっています。ブログでも筋トレの知識を活かしたいと思い記事を書いています。他にはゲームや野球が好きです。東北地方に住んでいます。

-考え方, 筋トレ
-, , ,

© 2020 リベライト 筋トレブログ