考え方 筋トレ

筋トレで自重トレーニングをおすすめしない3つの理由

2020-08-22

結論

自重トレーニングは場所を選ばないで、手軽にできる筋トレです。

ですが、手軽ゆえに負荷の調節が難しかったり、量をこなさなければいけないことがあります。

初心者の方が最初にやる場合には良いです。

 

ですが、本格的にやる場合には自重トレーニングだけではダメです。

マシン、ウェイトトレーニングも取り入れることをおすすめします。

詳しい理由について書いていきます。

自重トレーニングを全否定しているわけではありません

 

自重トレーニングは時間がかかる

 

普段あまり自重トレーニングをやっていないと、あまり回数をこなせないことが多いです。

慣れない頃は、できる数が少なくても筋肉に上手く刺激が入ります

ですが、続けていると次第に慣れていきだんだんできるようになっていきます。

 

10回、20回ぐらいならたいしたことはないですが、70回や80回と増えていくと難しくなってきます。

さらに、増えて100回、200回となるとやるのが嫌になってくることがほとんどです。

回数をこなすのも大変ですが、時間もかかるしやる気が無くなってきます

 

注意ポイント

できるだけ時間を掛けずにトレーニングをする工夫が必要です。

 

自重では負荷の調整が難しい

今度は、負荷の調整についてです。

回数をこなそうとすると、時間が掛かって面倒になると先ほど書きました。

ですが、自重トレーニングでは自分の体重を利用しているため重りを細かく設定するのが難しいです。

 

 

 

以前、モチベーションの保ち方の記事の中で、過負荷の原則という筋肉の法則を書きましたが

筋力トレーニングをするときにはできるだけ重りを細かく調節して刺激を増やすことがとても大切です。

自重トレーニングでは自分の体重を利用していますが1kg、2kgを増やしたり、減らすのは結構大変です。

 

人によって太りやすい、太りにくいはありますが細かく調節するのは大変です。

さらに、やらなければいけないことが増えてしまうと面倒になり続かなくなります。

 

飲み会があったりすると、特に体重管理はやりづらいですよね

 

 

自重トレーニングでは変化を付けづらい

最後に変化をつけづらいという点に関してです。

筋トレでは、漸進性(ぜんしんせい)の法則というものもあり、同じことをやっててもダメです。

筋肉は前回やった刺激よりもさらに強い刺激を与えないと反応が悪くなる特徴があります。

 

そのため、できるだけ違った変化をつけなければいけません。

でも、自重トレーニングでは強度を徐々に上げていくのが難しいです。

理由は負荷の調整が難しいでも書いたとおり、自分の体重がベースなので急に負荷を上げても続きません。

 

ものすごいきついトレーニングは、相当トレーニングをやっている人か、アスリートじゃないとまず無理です。

でも、簡単なトレーニングにしてしまうと効果は出にくいです。

トレーニングのポイントはちょっときついけどなんとかできるところです。

 

怪我をしては意味がないですし、楽をしていてもダメです。

難しい所ですが、ちょっときついところが大事です。

 

よって、自重トレーニングはおすすめしません

  • 自重トレーニングは時間が掛かる
  • 自重では負荷の調整が難しい
  • 自重トレーニングでは変化を付けづらい

以上3点の理由により自重トレーニングだけでトレーニングするのはおすすめしません!

 

いかがでしたか

今回の記事では、「筋トレで自重トレーニングをおすすめしない理由」についてご紹介しました。

自重トレーニングでなかなか結果を出せない方への記事でしたが、ぜひ参考にしてみてください!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エスティー

趣味は筋トレで、とにかく筋トレばっかりやっています。ブログでも筋トレの知識を活かしたいと思い記事を書いています。他にはゲームや野球が好きです。東北地方に住んでいます。

-考え方, 筋トレ
-,

© 2020 リベライト 筋トレブログ