筋トレ

自衛隊式トレーニングについて!3つの種目とポイントを教えます!

僕はツイッターやブログではプライベートなことはあまり言ってませんが、実は自衛隊に2年間勤務していた経験があります。

経験を活かすために、この記事で自衛隊式トレーニングについて書いていきます。

 

みなさんは自衛隊式と聞いてどんなイメージを持ちますか

 

 

 

きびしいとかきついとかそんなイメージではないでしょうか?

 

 

結論を書きますと自衛隊でやるのは自分でペースを調整できないのが辛いです

自分のペースでできるのであれば辛さは多少マシです。

 

さらに、ルールが細かく設定されていて、それを守るのが大変です。

 

筋力強化というよりは持久力や精神力強化の意味合いの方が強いです。

 

こんな方におすすめ

  • 自衛隊式のトレーニングに興味がある。
  • いつもと違ったトレーニングの刺激が欲しい人
  • 自衛隊式のポイントが知りたい人
  • 入隊を検討している人

 

では、自衛隊でやるトレーニングについて紹介します。

自衛隊の時の辛かったポイントと実際にやるときのポイントも合わせて書いていきます。

 

メリット

・持久力が鍛えられる

・メンタルが強くなる

・運動量が多いので汗をかきやすい

 

回数をひたすらこなすトレーニングなので持久力やメンタル面の強化がメインです。

 

デメリット

・つらい

・筋肉を太くするには不向き

・力が強くなるわけではない

 

筋肥大や筋力強化をメインにしたトレーニングではないので力が強くなるわけではないです。

 

自衛隊式トレーニング

今回は大きく分けて3つです。

 

・自衛隊式懸垂

・自衛隊式腕立て伏せ

・自衛隊式腹筋

 

これらについて解説していきます。

 

自衛隊式懸垂

名前の通り懸垂です。

鉄棒にぶら下がり、腕を伸ばし切った状態から顎がバーより上に来るまで持ち上げる。

イメージは動画を参考にしてください

 

 

難易度:☆☆☆

鍛えられる部位:広背筋(どこの部分か分からない方はこちらの記事で確認してください)

 

懸垂のやり方は1分20秒くらいからです。

 

自衛隊在籍時につらかったこと

回数を重ねるごとに体を持ち上げることができず、握ってるのも大変になってきます。

迷彩服に半長靴(はんちょうか)を着てやるときはいつも以上に重く感じました。

 

実際にやるときのポイント

腕は伸ばし切った状態からスタート

反動は使わない

顎は握っているバーよりも上に来るように頑張る!

 

ココがおすすめ

懸垂自体が難易度高めですが、腕を伸ばし切って反動を使わないとなると負荷が強くなります。

懸垂に変化をつけたい方はおためしあれ

 

自衛隊式腕立て伏せ

こちらも名前の通り腕立て伏せです。

ですが、自衛隊=腕立て伏せでもあります。

暇さえあれば地面に手をついて腕立て伏せです。

 

 

地面に顎をつけて、地面を押すときに肘を伸ばし切る。

イメージは動画を参考にどうぞ。

 

 

腕立て伏せは5分30秒くらいからです。

 

難易度:☆☆

鍛えられる部位:大胸筋、上腕三頭筋

 

自衛隊在籍時につらかったこと

決められたやり方じゃないとカウントされない

一回でも潰れたらそこで終了

2分間やるのは本当にきつい!

 

実際にやるときのポイント

体は一直線を保つ

顎だけ地面につけに行かない(体をちゃんと落とす)

肘は伸ばし切りましょう!

 

ココがおすすめ

自衛隊の体力検定では2分間腕立て伏せを行います。

体力自慢の人はぜひやってみてください。

めちゃくちゃ辛いです(笑)

 

自衛隊式腹筋

イメージは学校などでやる上体起こしです。

肩甲骨は地面につけて、手は頭の後ろ

詳しくは動画を参考にどうぞ

 

 

 

難易度:☆☆

鍛えられる部位:腹直筋

 

自衛隊在籍時に辛かったこと

自分では肩甲骨をつけているつもりでも、付いてなくてカウントされないことが多々あり。

この姿勢を保つのが苦手で回数はあまりできませんでした。

腹筋というより足の力を使うのがきついです。

 

実際にやるときのポイント

手は頭の後ろでキープしましょう

肘だけ足に付けに行かないこと(苦しくなるとどうしてもやりがちです)

肩甲骨を地面にちゃんとつける

 

意外と腹筋に自信がなくてもできる人はできたりします。現役時代に見た印象だと女性や太ってる人でも腕立て伏せはできないけど腹筋はできるという人は割といました。

まとめ

・自衛隊式のトレーニングは持久力、メンタルが鍛えられる

・筋力強化や体を大きくしたい人には不向き

・自衛隊式で代表的なのは懸垂、腕立て伏せ、上体起こし

 

おまけ

最後に、ちょっとしたおまけとして自衛隊には体力検定があります。

入隊時期によってやる種目や方法は違うみたいです。

僕は2018年から2019年の2年間でしたが、その時のやり方を簡単に紹介します。

 

項目

・腕立て伏せ

・腹筋

・3000m走

 

方法

腕立て伏せ、腹筋は2分間。

潰れたり、ルールを破ったらその時点で終了。

年齢によりますが、だいたい両方60回出来れば問題ないです。

 

最初の元気なうちに回数をこなさないと後半がすごくしんどいです。

 

3000m走はタイムを計ります。

10分切れると速いです。

普段運動してないと1kmでも結構きつい。

 

 

さらに詳しく

どれくらいのものなのか興味ある人はタイマーで2分間計ってやってみましょう!

 

他には銃を持って飛んだり、走ったりもします。

さらに、銃を後ろにぶらさげてポリタンクを運ぶ速さを計ったりもします。

 

いかがでしたか?

この記事では「自衛隊式トレーニングについて!3つの種目とポイントを教えます!」についてご紹介しました。

 

自衛隊のトレーニングについて興味がある、入隊を検討している方向けの記事でした。

ぜひ参考にしてください!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エスティー

趣味は筋トレで、とにかく筋トレばっかりやっています。ブログでも筋トレの知識を活かしたいと思い記事を書いています。他にはゲームや野球が好きです。東北地方に住んでいます。

-筋トレ
-,

© 2020 リベライト 筋トレブログ