筋トレ 考え方

筋トレ初心者に送るジムの選び方5選 これで安心!

2021-01-03

お腹周り気になってきたからジムに行ってみようかな・・・」

年が変わったし今年こそ運動のためにジムに行ってみようかな?

ジムに行ってみたいけどどうやって選べばいいのか分からない!」そんな悩みをもったことありませんか?

 

僕はありました!

知り合いがいればいいけど、いないから不安。

でも、「ジムにいってみたい」そんな方こそ記事を読んでください。

この記事では、ジムの選び方とおすすめのジムについて書いています。

 

実際にジムに行くときにおすすめの記事はこちら

筋トレ用シューズの選び方 おすすめ3点を紹介!

ジムでできる腹筋のトレーニングまとめ!

筋トレ時に着用するマスクについてのレビュー記事!おすすめ紹介!

ジムの選び方は理由で決まります

いざ、ジムに行って運動しようと思ってもジムの選び方を間違えると結局行かなくなることはありがちです。

ここでは、ジムを選ぶ前になぜ行きたいのかについて考えていきます。

 

体型が気になってきた」→どのジムでも大丈夫です。

1人だと続けられない」→パーソナルジムやパーソナルレッスンが受けられるジム

プールが有るところがいい」→プールがあるジムじゃないとダメですね

家だと器具がないから」→どのジムでも大丈夫です

本格的な所でトレーニングしたい」→施設が充実している所じゃないとダメ

やり方が分からないから教えてほしい」→パーソナルジムやパーソナルレッスンが受けられるジム

これらは一例ですが、ジムに行く理由は様々です。

 

自分が何を求めているかをはっきりさせる必要があります。

求めているものが無いのに、入会してしまうとお金が無駄になりますし、時間も無駄になってしまいます。

まずは、何のために行くのかを明白にしましょう!

ジムの種類は全部で4つ!

続いて、目的を決めた方へどんなジムがあるのかについて説明します。

ジムは一般的には4つに分けることができます。

  • スポーツジム
  • 24時間営業のジム
  • パーソナルジム
  • 公営ジム

この4つについて書きます。

スポーツジム

ここの括りとしては24時間営業を売りにしていないジムという分け方をしています。

地域によっては24時間の所もあるかもしれませんが、ご了承ください。

代表的なジムは、コナミスポーツセントラルスポーツゴールドジム

 

この中で特徴が1番強いのはゴールドジムです。

ウエイトトレーニングの充実度がすごく機材が豊富なので、本格的にトレーニングをしたい方にはおすすめです。

24時間営業ジム

こちらは名前の通り24時間営業を売りにしているジムです。

代表的なジムはエニタイムフィットネスジョイフィットルネサンス等があります。

時間帯に縛られないので、好きな時に行けるのが特徴です。

パーソナルジム

マンツーマンで一緒にトレーニングをするジムです。

4つの中では1番値段が高いことが多いですが、まったくやり方が分からない人にはおすすめです。

高額なので6カ月とか1年等の短期集中型でやり方を教わるのが理想です。

公営ジム

民間企業ではなく、地方公共団体が運営しているものです。

わかりやすく言うと市区町村等で運営しているジムです。

メリット、デメリットとしては次のものがあります。

メリット

・安い

営利目的で運営しているわけでは無いので、1回の使用料金は場所にもよりますが100円~500円ぐらいで手軽に利用できます。

一般的なジム料金は月にだいたい5,000円~1,0000円程度が普通なので、利用頻度次第では普通のジムより安く済ますことが可能です。

デメリット

・設備が充実しているわけでは無い

これは場所によって大きく異なりますが、一般的なジムと比べると設備はたいしたことがないことが多いです。

僕の住んでいる地域ではランニングマシンが6台くらいしかなかったり、ダンベルが10kgまでしかなかったりとジムと呼ぶのはあまり相応しくない環境になっています。

 

※お住いの地域によって充実度は変わります。

ジムの選び方について優先すべき項目5種類

ジムの種類について書きましたが、実際に通うとなると店舗がなかったり求めているものがないこともあります。

すべてを追求するのは難しいので通うときに優先したほうが良い項目を挙げていきます。

優先すべき項目は以下の5つです。

  • 通いやすいか
  • 体験、見学ができるか
  • 営業時間
  • 混雑時の時間帯の把握
  • 料金について

家や職場の近くにあるか

まず何よりも優先すべきなのが通いやすさです。

遠いと「面倒だからいいや」とか「明日でいいか」となりがちです。

そんなことが何回も起きると次第に行かなくなります。

 

寒い日や天気の悪い日等があるとなおさら行く気になりません。

やらない要素を消すためにも初心者の方は近くを選びましょう

体験、見学ができるか

これは、自分が求めているものがあるか確認するために必要です。

今、現在はコロナの影響で見学、体験ができない所もあるかもしれませんが、入会を検討しているならできるだけ確かめましょう。

設備だけじゃなく、店の雰囲気や客層も一緒に見れるといいですね

利用できる時間帯の確認

夜にしか行けないとか、平日にしか行けないなどジムに通える時間帯は人によってバラバラです。

でも、自分がメインに行く時間帯に空いてなかったらガッカリしますよね。

今日しか行けないのに行ってみたら休刊日だったとか、短縮営業になっていた等。

 

運動したいときにできないと、ストレスが溜まりトレーニングに集中できません。

利用したい時間に利用できるか確認しましょう

混雑時の時間帯を把握する

一般的なジムの混雑時間は仕事終わりの18時前後から21時前後頃が1番混みます。

どうしてもこの時間帯にしか行けない場合は仕方ないですが、可能ならば少し時間を早めるか遅らせるかしたほうがマシンを上手く使えます。

マシンを使うのに待ってる時間が長いのはもったいないです。

 

ただ、待ってるだけなら他のことをしたほうが有意義です

時間を上手く活用しましょう!

料金がどれくらいかかるのか

近くにあって行きたい時間も確認したら最後に料金の確認です。

見学やウェブサイトでどれくらいあるかを把握していても、ジムによって税抜き価格で表記していたり、税込で表記していたりバラバラな所があります。

さらに、キャンペーンで入会すると追加オプションが最初は無料だけどあとから通常通り請求されることもあるので、契約時には時間が掛かっても毎月いくら料金が必要になるのかは確認しましょう!

契約条件によっては退会時に違約金を払わなければいけないこともあるので必ず確認してくださいね。

 

初心者にこそおすすめしたいジム

おすすめ

長々と説明してきましたが、結局のところどれがおすすめなの?と疑問を持った方いますよね。

最後は妥協して選ぶものなのですが、条件に当てはまっていることを前提とするならば僕はパーソナルジムをおすすめします。

パーソナルジム

値段は高いです。最初の方で説明したのでここまで読んだ方ならもうお分かりだと思います。

ですが、お勧めする理由としては1対1で教えてくれるからです。

 

初めてジムに行くときは何も分からないです。

だいたいの所は聞けば使い方を教えてくれますが、トレーニングのやり方までは教えてくれません。

トレーニングのやり方とは、「背中に聞かせるならこれ、肩ならこの種目をやると効果あるよ」といったものです。

 

この部分がトレーニングを続けるのに大事なのですが、パーソナルジムなら聞きやすいです。

親身になって聞いてくれるので、ただやるよりもずっと続けやすいです。

やった気になってダラダラやるよりも短期集中でコツを教えてもらったほうがお得です。

 

以上のことよりパーソナルジムが初心者には1番おすすめです。

初心者へ送るジムの最低限のマナー5種類

行くジムも決めたし、入会もした!後はジムに行って運動するだけという方に最低限のマナーも合わせて紹介します。

初めてジムに行くときってドキドキしませんか?僕はすごい怖かったです。

ムキムキの人がいっぱいいて、「場違いじゃないかな・・・?」とか「あんな体型でよくジムに来たよなとか思われないかな・・?」とか不安なことがいっぱいありました。

 

でも、ここで紹介することさえ守れば何も問題ありません

紹介するのは最低限のことなのでとても簡単です。

マスクを付ける

コロナの影響で今は大体のところがマスク着用になっています。

ジムだけの話ではないので、是非とも守ってほしいです。

 

感染してしまうと自分だけでなく、友達とか家族にも影響することです。

ジムで付けていない人も中にはいますが、大切な人や他の趣味ができなくなってしまうのでよく考え行動しましょう。

長時間独占しない

ジムに慣れてない内は、長い時間運動をすることはあまりないので最初は気にしなくても大丈夫です。

問題なのは、慣れてきたころにスマホをずっと見て運動もしないのに独占することです。

 

待っている人がいなければいいですが、混雑時にやられるととても迷惑な行為です。

自分がやられたら嫌なことはしないようにしましょう。

奇声、大声をむやみやたらと出さない

奇声を発する人はあまりいないですが、トレーニングに集中して大声を出してしまう人はたまにいます。

最後の追い込み等で、思わず声が出てしまうことはあります。僕もどうしてもきついときなどは思わず声が出てしまいます。

悪意があってやってるわけでは無いですが、近くで何回もやられるとうるさいと思うことはありますよね

 

声とは少し離れますが、音も一緒です

マシンの使い方に慣れていないと下すタイミングが分からず、一気に戻しがちになります。

一気に戻すと重りも一緒に落ちるので大きな音が鳴ります。

筋肉の負荷は弱くなり、機材も傷ついてしまうので悪いことだらけです。

使ったら元に戻す

使ったものは元に戻す。基本的なことですね。

基本的なことですが、やらない人は結構います

これをやられると困るのは、まだ使っているのか分からないことです。

場所によってはプレートが少なくて持ち運びしなきゃいけない所もあります。

 

しばらく誰も使ってないから使おうとしたらまだ使ってるって言われたらえっ?って思いますよね?

使ってないなら片付けましょう

使用後は消毒する

コロナの前でもこれはあったのですが、自分の身は自分で守るのを徹底するためにも消毒しましょう。

消毒といっても自分で自賛する必要はなく、ジムの中に置いてあります

ほとんどのジムでマシンのすぐそばか、近くに消毒液や消毒用のウォッシュタオルが備え付けてあります。

初心者のジム選び方まとめ

  • ジムは目的で選ぶことが大事
  • 近くに目的のジムが無いなら妥協することも考える
  • 初心者にはパーソナルジムがおすすめ
  • 最低限のマナーは守りましょう

 

今日の記事では「筋トレ初心者に送るジムの選び方5選 これで安心!」についてご紹介しました。

初めてジムに行くときは心配になりますが、ここに書いてあることを意識すれば安心です。

ぜひジムに通ってみましょう!

  • この記事を書いた人

エスティー

趣味は筋トレで、とにかく筋トレばっかりやっています。筋トレ歴は5年。ブログでも筋トレの知識を活かしたいと思い記事を書いています。他にはライターとして修業中です。筋トレの悩み相談やライターとしての仕事も受け付けています。

-筋トレ, 考え方

© 2021 リベライト 筋トレ情報サイト