その他

気持ち良く寝たいなら実践!カーテンを変えて3つの効果を実感

2020-07-29

気持ち良く眠れないと、次の日に影響が出ることって結構ありますよね。

そんな睡眠の悩みを解決する方法があります。

今回は、ぐっすりと眠れるようになる方法をご紹介します。

 

結論

さっそくですが、カーテンを変えたことで多少は睡眠の質が改善された(あくまでも体感ですが)

そもそも、なぜカーテンを変えようと思ったのか

きっかけとしては約10年近くカーテンを変えてないので、変えたいなあと思っていたところからです。

 

変えようと思った主な理由は

  • ろくに洗濯をしていなくて汚い
  • ぼろぼろ
  • 遮光性がほとんどなくて日差しがまぶしい

この3点でした。

もともと変えようと思っていたので思い切ってカーテンを変えました!

カーテンを選ぶ時のポイント

ここからはあくまでも主観での選び方を紹介します。

一般社団法人 日本インテリアファブリックス協会によると

遮光カーテンには遮光の等級があり、1級、2級、3級に分かれています

詳しく見たい方はURL(PDF)で確認してください

遮光の程度

実際に目で見て確認するのが1番確実ですが、おおざっぱなイメージでいうと

1級は光をかなり遮断します。閉め切ってるとこの部屋暗い!と感じます

2級は1級よりは光を遮断しないですが、ちょっと暗いなと感じる程度です。

3級はほとんど遮断しません。(いままで使っていたのはこれでした)

※色合いによって見え方は変わります。濃い色のほうが光を通しにくいです。

実際に選んだもの

店頭で遮光の程度を確認して、実際に選んだのは緑色の遮光2級のものでした。

選んだ理由

めんどくさがりで、普段カーテンを開けることはほぼありません

光を通しすぎるとまぶしい

真っ暗だと文字が読めない

この中間のものが欲しいと思い2級のカーテンを選びました。

 

結論の部分でも書いたのですが、多少は眠りやすくなったと思います。

変えた効果

  • 夜から朝になるときに、目を覚ます頻度が減った
  • 明るい時間でも眠りやすくなった
  • カーテンの丈の長さを変えたことで日差しの入る量が減った

夜から朝になるときに、目を覚ます頻度が減った

1番悩んでいたのがこれでした。

朝6時に目覚ましをかけ、ぎりぎりまで寝てたいのに4時や5時に目を覚ましてしまう。

そこからは寝ようとしても寝付けず、なにもする気が起きない状態。

 

しかし

変えてからは目を覚ます頻度が少なくなった(3.4回起きてたのが2.3回程度になった)

明るい時間でも眠りやすくなった

明るい時間に寝るのはもともと慣れていたので、大きな変化は特にないです。

寝つきがもっと良くなりました。

カーテンの丈の長さを変えたことで日差しの入る量が減った

1番最後にこれを持ってきましたが、結局のところこれが大きいですね。

目に入る刺激が少なくなったことでストレスが減り、寝ることに集中できました。

ストレスの部分が大きかったです。


 

パーフェクトスペースカーテン館。すぐに届く最短・翌日出荷の1cm刻みオーダーカーテン。

いかがでしたか?値段や財布の中身と相談して検討してみる価値あり。

今回は「気持ち良く寝たいなら実践!カーテンを変えて3つの効果を実感」についてご紹介しました。

これで、寝れなくて困っている悩みを解決できます。

ぜひ参考にしてみてくださいね

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

エスティー

趣味は筋トレで、とにかく筋トレばっかりやっています。ブログでも筋トレの知識を活かしたいと思い記事を書いています。他にはゲームや野球が好きです。東北地方に住んでいます。

-その他
-, , ,

© 2020 リベライト 筋トレブログ