その他

【簡単】Dellのパソコン修理依頼方法【すぐできる】

この記事はDellのパソコンを使っている人向けの記事となっています。

 

Dellのノートパソコンが壊れた

修理に出したいけど番号が分からない

手続き面倒だな・・・」そんな悩みを持ったことありませんか?

 

パソコンが故障しなければ「ふーん」ぐらいで済ますけど、いざなったらとても困りますよね?

この記事では修理に出したいけどどうしたらいいのか分からないひとの悩みを解消する記事です。

故障したDellのパソコンについて

誤解を招かないように先に書いておきますが、このノートパソコンがダメというわけではありません。

今まで使用できていたパソコンが突然動かなくなってしまい、困ってしまったという内容です。

 

まずどのパソコンを使っていたかですがDell ノートパソコン Inspiron 15 3593です。

故障したのは今年の10月ごろですが12月31日まで使用していてまったく問題ありません

Amazonで買う場合にはCPUを選択でき約5万から9万の間で好きなスペックを購入できます。

 

i7のパフォーマンスモデルでブログを書いたり、動画を見たりするのに使っていますが快適です。

Dellのノートパソコンが起動しなくなった

前のパソコンを使用していた時に間違って飲み物をこぼしてしまい、やむを得ず新しいパソコンを買って1カ月も経たないときに突然この事態が起こりました。

 

Dellのパソコンを使用している人なら電源をつけるとまずDellのロゴが出ると思います。

上の画像のようなやつです。

いつもなら問題なく起動するので気にすることはあまりないかもしれません。

ですが、何回起動してもこの画面から進むことがありませんでした

 

電源ボタンを押して強制終了してから、もう1度起動してもダメ。

パソコンが壊れたらブログ書くのに支障が出るし、動画見たり調べものするのにも不便。

挙句の果てにはブルースクリーン状態になってしまい、予備のパソコンも持っていないし「困った」という状態でした。

Dellのノートパソコンが起動しない原因を調べてみた

何回も再起動してもダメだから手元にあるスマホを使って何とか原因を調べてみました。

調べてみると何やらよくわからないエラーコードが出てきました。

僕が出てきたのは当てはまるものがなかったのですがブルースクリーンの時に出るコードで一般的には

  • CRITICAL_PROCESS_DIED
  • SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED
  • IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
  • VIDEO_TDR_TIMEOUT_DETECTED
  • PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA
  • SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION
  • DPC_WATCHDOG_VIOLATION

等が当てはまるようです。

ブルー スクリーン エラーのトラブルシューティングから引用

パソコンを修理する前に試した内容

エラーは当てはまらないけど自分で何かできないかと模索していたところ「F12」キーを押すとスタートアップ修復ツールを使えるということで実行してることにしました。

DIAGNOSTICSという部分をクリックします。

すると上のような画像になります。

 

このスタートアップ修復ツールで問題がないか実行してみた結果特に問題はありませんでした。

チェックが終わると大きい音が鳴るので注意してください

解決方法

自分でできることはやったし、原因を直すには直接聞いてみるしかないと思いDellのサポートセンターに問い合わせてみました。

Dell公式サイトのテクニカルサポートという所にある番号で「0120-198-226」です。

対応時間や日時は月曜日から日曜日までで、時間は9:00-2100までです。

年末年始やお盆などの長期休暇も対応しているかは分かりません

 

ちなみにDell公式サイトのお問い合せ→テクニカルサポートという所をクリックすれば見ることができます

Dell公式サイトお問合せ

 

修理をお願いする手順は簡単です。

  1. 0120-198-226に電話する
  2. エクスプレスコードを伝える
  3. 正常に動かない原因を伝える
  4. 住所や電話番号を教えて修理工場に出す手続きをしてもらう
  5. パソコンを宅配業者が取りに来るのですぐに渡せるようにする

 

口頭で伝える以外に自分ですることは宅配業者に故障しているパソコンを引き渡せるようにするだけです。

修理を依頼してから手元に戻ってくるまでの期間は約1週間程度でした。

対応したスタッフは外国人でしたが、日本語を話す分には問題なくサービスも良かったです。

パソコンを修理することになった原因

ここまでで動かない理由や調べて試したもの、解決方法などを書いていきましたが原因は分かりませんでした。

この原因が起こったのは新しくパソコンを購入してから1カ月以内に起こったものです。

 

詳しい原因は分かりませんがサポートセンターに問い合わせた時には、Windowsのアップデートではないか?と言われました。

内部のレジストリをいじったり、システム変更などは行っていませんでした。

 

買ったばかりのパソコンが1カ月もしないで起動しなくなったときには、唖然としてしまい「開いた口が塞がらない」状態でしたが無事に直って良かったです。

 

今回はサポート期間内だったので無料で修理できましたが、サポート外だと対応してもらえないことがあるのでサポート期間は確認が必要です。

Dellのノートパソコン修理まとめ

  1. 自分でできることはまず試す
  2. 試してダメなら電話する
  3. サポート期間内なら修理の依頼をする

 

今回の記事では「【簡単】Dellのパソコン修理依頼方法【すぐできる】」についてご紹介しました。

Dellのパソコンを使っていて修理に出さなければいけないときは、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

 

2020年の記事はこれで最後になりますが2021年もブログは続けていくので引き続きよろしくお願いします。

  • この記事を書いた人

エスティー

趣味は筋トレで、とにかく筋トレばっかりやっています。筋トレ歴は5年。ブログでも筋トレの知識を活かしたいと思い記事を書いています。他にはライターとして修業中です。筋トレの悩み相談やライターとしての仕事も受け付けています。

-その他
-

© 2021 リベライト 筋トレ情報サイト